読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

It's okay to be weird

レールの無い道を行くプログラマーのブログ

Objective-C Programming: The Big Nerd Ranch Guide (2nd Edition)を読了

Objective-C Programming: The Big Nerd Ranch Guide (2nd Edition)を読み終わりました。
まえがきに、「概念を学び、すぐに実践することがプログラミングを学ぶ最良の方法」と書いてある通り、他のBNR本と同じく、コードをたくさん書いていく、かなり実践的な内容の本でした。

まずはCのコマンドラインツールを作りながら、3章から12章まで、変数や関数、条件分岐やループといった、プログラミングの基礎を学んでいきます。このへんは他の言語でプログラミングの基礎は学んでいて、Objective-Cだけ学びたいという人には少し退屈かもしれません。ただ、関数の章で、フレームやスタックといった概念まで説明しているのは入門書としては丁寧だなと思いました。少しですが再帰まで登場します。

13章からいよいよObjective-Cについての内容になり、Foundationタイプのコマンドラインツールを作りながら、クラスやオブジェクト、Objective-C固有のNSStringやNSArray、プロパティ、コレクションなどについて学習していきます。このあたりでもメモリの管理などについても触れられています。

コールバックについて学習したあとで、31章ではiOS、32章ではCocoaで、簡単なto-doアプリを作る章が続きます。iOSでは一切Storyboardsを使わずコードで書く方法を取っていて、こういうやり方もできるのかと勉強になりました。反対にCocoaではxibを使ったやり方をしています。そのあとはObjective-CとCの高度なトピックの章のあと、最後にObjective-Cのランタイムについての付録で終わりとなっています。

最初に書いたように、実際に手を動かしながら学んでいくスタイルの本なので、とても楽しく、一気に読み終えることができました。Challengeという章末問題用のアプリも含めると、42個ものアプリが出来上がっていました。多くのコードを書くことで、Objective-Cの独特の記法にも慣れることができたように思います。

これでObjective-Cの初歩はつかめたので、次は同じBig Nerd RanchのiOS本に移ろうと思います。

Objective-C Programming: The Big Nerd Ranch Guide (2nd Edition) (Big Nerd Ranch Guides)

Objective-C Programming: The Big Nerd Ranch Guide (2nd Edition) (Big Nerd Ranch Guides)