It's okay to be weird

レールの無い道を行くプログラマーのブログ

本家O'ReillyでEbookの50%オフセールが開催中。5月8日まで。

5月3日はDay Against DRM (DRM反対の日) ということで、本家O'Reillyで全てのEbookやビデオが50%オフ*1になるセールをやっている。当初は1日限りの予定だったようだけど、好評なためか、5月8日まで期間が延びている。こんなセールやるって知ってたら、Head First Javaを買うのを控えてたのに…。来年もまたセールをやるかもしれないし、5月3日はDay Against DRMって覚えておこう。

r/learnprogrammingではおすすめ教えてスレ (本当はなんていうんだろ?ポスト?) が立っている。

上のスレで挙がってる書籍の中でめぼしいものになると、例えば日本語版を買うと上下で合計¥12,810もするCode Complete, 2nd Editionがたったの$19.99で買える。Hacking: The Art of Exploitationなんかも日本語版が¥4,410のところ$19.98。英語がスラスラ読めれば飛びついてるんだけど、ページ数が多くて読みきる自信がない。辞書引きながらじっくり読んでもいいんだけど、勝手な誤訳をして間違った読み方をしちゃうのが怖い。こういうことがあるからやっぱ英語の勉強はした方が良さそうだなあ。自己投資ってやつか。

DRM反対派は最近だとW3CHTML5DRMを取り入れようとしていることに危機感をもっているらしい。利用する側からしたらいいことのないDRMだけど、今日読んだ記事で1年前に電子書籍“全作品DRMフリー”宣言したMacmillan系出版社「海賊版による被害はみられない」というのもあるし、売る側にも大して利点がないんじゃないかと思う。ただ、現状だとDRMフリーをうたえば他との差別化になって、それで支持されて売上が伸びてるというのはあるんじゃないかと思う。みんながみんなそうなった場合、海賊版の被害がどうなるのかとかは分からない。
まあでもいち利用者として、こういったDRMフリーなO'ReillyやGOG.comからなるべく購買するようにして、陰ながら応援していきたい。

追記:
トップページからDay Against DRMセールの表示がなくなっているけど、"DRM2013"というコードはまだ有効なままみたい。

*1:$100以上買うと60%オフ